シャンプーで効果的な薄毛対策をしよう

薄毛対策としてなにかできることはないのか?とお思いのあなたはまずシャンプーと頭皮の洗い方から変えることからはじめてみましょう。シャンプーとは毎日使うものであり頭皮に直に触れるものであることから、ヘアケアの第一歩としてとても重要なアイテムとなっています。まず大きな役割として頭皮の洗浄があげられます。頭皮脂が多いと炎症をおこし抜け毛の原因につながります。また、頭皮の潤いを保つ効果もあります。頭皮が乾燥してしまうとフケが出やすくなり、更にフケが毛穴を塞いでしまうことにより菌が増殖し炎症の元となってしまう為、これも結果として抜け毛の原因につながります。商品に含まれている多くの保湿成分は髪に悪影響を及ぼす乾燥から守ってくれる大事な働きが含まれているのです。また、頭皮の洗い方によっては効果が薄れてしまうことがあるため、効果を無駄にしない為にも洗い方のポイントもチェックしてみましょう。

薄毛対策に役立つシャンプーの成分

髪や頭皮に良いとされている成分はホホバオイル、不飽和脂肪酸、ノコギリヤシ、アミノ酸、ニンニクエキス、グリチルリチン酸の6種類です。まず、ホホバオイルは頭皮に良いとされているビタミンB群をはじめとした栄養素が多くふくまれています。保湿作用が高いため、頭皮の乾燥を防ぐ力があります。不飽和脂肪酸は人間にとってとても大切な栄養素の1つであり、この成分が不足してしまうと抜け毛の原因になります。ノコギリヤシの効果はなんといっても抜け毛の原因の男性ホルモンの生成を阻害してくれることです。アミノ酸は、頭皮に過度な刺激を与えず老廃物を排出を排出するという力があります。ニンニクエキスは髪の主成分であるケラチンが豊富に含まれています。さらに頭皮の毛穴の炎症も抑える効果もあります。グリチルリチン酸はニンニクエキス同様毛穴の炎症を抑える作用の他、頭皮の殺菌にも効果がある為、フケやかゆみ防止にもつながる嬉しい栄養素です。これらの栄養素が含まれていることによって抜け毛に対する効果は全然違ってきます。

薄毛対策に役立つ頭皮の洗い方!

頭皮に嬉しい栄養素が備わっていたとしても洗い方ひとつで効果が薄れてしまうことがあります。間違った洗い方をしてしまうと逆に抜け毛の原因に繋がってしまうこともある為注意しましょう。そこで効果的な方法とは、まずは一番始めにお湯で洗い流すことです。日常生活において髪についた小さなチリやホコリを最初に洗い流しておくというのがポイントとなってきます。また、洗い流す際のお湯は熱すぎてしまうと頭皮を傷つけてしまう恐れがある為、38℃ほどのぬるま湯がオススメです。次に洗い方ですが手のひらで泡立ててから洗うことが大切です。洗浄成分を直接頭皮に触れさせてしまうと、これも頭皮にとっては悪い刺激となってしまう恐れがあります。その為手のひらで泡立てから髪を優しく包むように洗ってあげましょう。最後に頭皮を優しく揉みほぐすように洗いましょう。指の腹で頭皮を優しくマッサージするように洗うことで栄養成分も染み込みやすく、さらに血流も良くなり代謝を助ける力になります。